ニーチェの名言と感想

かかし

スポンサードリンク

 

ニーチェ

 脱皮できない蛇は滅びる。
意見を脱皮していくことを
妨げられた精神も同じこと
である。

 プロフィールを読む

【感想】

変化はチャンスという言葉がある。

しかしまだまだ変化というものには
馴染めないという人々も多い。

スポンサードリンク

保守的な人々にとって変化は敵であり
恐怖の対象であり、忌み嫌うべきもの
である。

新しい言葉、新しい習慣、
新しい住人に新しい人間関係。

すべてはストレスの元凶であって、
排除の対象となりうる。

なるほど変化しないということは
現状維持というわけだから居心地
がいいかは別として、楽チンに違い
ない。

ただ、楽チンが本当に居心地が
いい状態なのかどうかは精査する
必要がある。

楽チンと自堕落を一緒に考えては
いけないということだ。

居心地の良さというのはときに
多忙を究める職場に人を駆り立てる
こともあれば、川沿いの道で春風に
頬を撫でられる一瞬にもなりうる。

居心地がいい、という商品がある
のじゃなく、どの状態が好みかに
よって居心地の対象というのは
いかようにも変化するということ
だ。

変化が恐ろしいのは、変化によって
これまで培ってきた価値観までが
総出で使い物にならない可能性が
あるから。

でもだからこそ、変化を受け入れる
ことの重要性というのは増すとも
言える。

万物流転、この世で確かなことが
あるならただ一つ、それはすべて
は「とどまる事なく変化する」と
いうこと。

 

スポンサードリンク

変化は受け入れがたいときもある
し、面倒を強いることも多々ある
けれど、生きるということは毎日
の掃除と似ている。

終わりということはない。落ちた
ら掃く、濡れたら拭き取る、汚れ
たら磨く、それが生活、人生の
偽らざる正体というものなんだ。

by ザーゼン

Amazonで探す関連書籍

⇒ニーチェの名言集を読む

⇒偉人・賢人たちの名言集を読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

    カテゴリー

  五十音別 ことわざ

ページ上部へ戻る
QLOOKアクセス解析