夏目漱石の名言(苦難を乗り越える)

2014-12-11_125026

スポンサードリンク

実地を踏んで鍛え上げない
人間は、木偶の坊と同じ
ことだ

夏目漱石(なつめそうせき)
出典『明暗』

>>夏目漱石の名言集を読む

Amazonで探す関連書籍

【意味】

あれこれ御託(ごたく)を並べて
いても何もできない。

現実の場に接し、身をもって体験
して技能や精神を高めていこう。

スポンサードリンク

【感想】

言うは易し行うはがたし
ということである。

大きな口を叩く暇があったら
なにか小さなことでもいいから
現実になにかをやれということ
なのである。

耳が痛い、実に耳が痛い。

経験よりまさるものはないと
いうけれど、これは年を重ねる
ごとにその重みを増していくよう
に思う。

考えてばかりでは人生は何も
変わらない。

スポンサードリンク

熟慮することは大事だが、それが
次の行動につながるものである場合
に限って、もしかしたら重要である
と言い換えなくてはいけないかも
しれない。

行動こそ人生を変える。

これは本当にそうだ。

←苦難を乗り越える名言集へ戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

    カテゴリー

  五十音別 ことわざ

ページ上部へ戻る
QLOOKアクセス解析