情けは人の為ならず

2014-12-09_200326

スポンサードリンク

情けは
人の為ならず

【意味】

人に同情するということは、
決してその人のためだけではない。
人に情けをかけておけば、いつか
巡り巡って自分に必ず良い報いが
ある。

世の中は巡り巡って動いているの
だから。

 

スポンサードリンク

 

【感想】

この名言をずいぶんと長いこと
誤解していた。

情けは人の為ならずという意味は、
情けをかけることは、かけたその人
の為にならない、甘やかすな、
ぐらいの意味かとばかり思って
いたがそうではなかった。

まさか自分が情けをかけてもらう
こともあるだろうから、そのとき
のために人に情をかけておくと
いった意味合いがこもっていると
は実に意外だった、と同時に、
ちょっとショックだった。

スポンサードリンク

そんなときまで自分のことを
考えていたのかと思うと、
なんだかな、ではある。

けれども、結果としてそういう
ことになるよ、ということなら
そうなのですねと納得するしか
ない。

⇒人間関係に役立つ名言集に戻る 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

    カテゴリー

  五十音別 ことわざ

ページ上部へ戻る
QLOOKアクセス解析