中村天風の名言集(人生に迷っても心が強くなる言葉)

2015-07-27_221421

スポンサードリンク

中村天風

なかむら・てんぷう
思想家、実業家、諜報員。
1876~1968年
本名は中村三郎。
さらなる人物紹介を読む。

以下に掲載する名言は
中村天風さんの著書
『心が強くなる言葉』より引用
させて頂いてます。

 

価値ある人生を生きようと
したら、価値ある人生を
生きる一番最初に必要なこと
をつくりあげる。
すなわち、自分の心のあり方
を変えなくてはダメなんです

 

人間はまず第一に、
自分自身が自分自身の身体や
感情に負けない心を作らない
といけない

 

運命だって、
心の力が勝れば、
運命は心の支配下になる
んです

 

月を見ても、花を見ても、
「ああ、きれいだな」と
思うのは、あなた方の心
である

 

うれしいのも、楽しいのも、
辛いのも、悲しいのも、
みんな心なんです。
だから、もしも、人間に心
がなかったらどうなるだろ
うか、ということを考えて
ごらんなさい

 

人間に心がなかったら、
それは庭のなかの石ころと
同じになってしまうんですよ

 

人間の心は、人生の一切を
よりよく建設する力があると
同時に、また人生をより悪く
破壊する力もある

 

何かがあれば
「ああ、たのしいな」
「ああ、うれしいな」
って思うようにすればいい
んですよ

 

心が消極的になったら、
もう、健康はもちろん、
運命もぜんぜん、ほころびて
しまうんです

 

心のもち方一つが、結局、
人生の運命を決定するんだ
ということに気づくはずです

 

人の心の奥には、潜在能力と
いう驚くべき壮大なる力が、
常に人の一切を建設せんと、
その潜在意識の中に待ち構え
て居るが故に、いかなる場合
に於いても心を虜に気を平ら
にして、一意専心この力の
躍動を促進せさるべし

 

心に雑念、妄念、邪念が
なかったら、どんな人間でも
人間のすることなら何でも
できるようになれるんだ

 

なにかご褒美をもらうために
人助けをしたりしてない?
そういう気持ちじゃダメなの

 

病なり不運というものは、
自分が犯した罪の結果、
生じたものなのであります

 

重要なことを聴くときは、
恋人の言うことを聴くよう
な気持ちでもって、聴く
ようにしてごらん

 

ついでに言うとね、
重要なことは、けっして手帳
やノートなんぞに書きなさ
んな。人間はね、覚えなきゃ
いけないことは、覚えられる
ようにできているんだから

 

私はいつも言います。
「天は自ら助くるものを
助く」

 

どうせ明日の朝死ぬんなら、
ビクビク生きているよりは、
生きている間は楽しく生きて
いこうという気持ちになった
ほうが、どうも得のようだ

 

ケツの穴をしめてると、
そりゃもう人間の生命の強さ
がぜんぜん違ってくるん
です。
怒りそうになったらキュッ、
悲しくなったらキュッ、
もうこれだけでぜんぜん
心がいたぶられなくなるん
ですぜ

 

「極楽だ、地獄だ」と感じて
いるのは、あなた方の心で
しょう。
あなた方の心が地獄だと感じ
れば地獄になってしまうんで
すよ

 

感謝するに値するものがない
のではない。感謝するに値す
るものを、気がつかないで
いるのだ
スポンサードリンク

鉛は鉛、金は金。
鉛に金メッキして、俺は金だ
よというような顔をしなさん

 

古いことわざにも
「陽気発する処金石
また透る」というのがあり
ますね。
「まずその心を、どんな場合
にも消極的にしてはいけ
ない。あくまでも積極的
いっぺんとうで人生に邁進
せよ。そうすれば、そこに
成功があり、成就があり、
健康があり、長寿があるぞ」
と示唆している尊い言葉で
あります

 

鏡に曇りがあれば、物は
完全に映りません。
少しでも消極的なものが
心の中にあれば、心の鏡を
曇らせていることになります
からこれをとらなければなら
ない

 

心に恐れを感じると、
その人の人格というものは
おびただしくキャンセルされ
ちまうのよ。うわずると、
人間の自己人格がグーっと
何パーセントかはキャンセル
されちまう

 

鉛筆で紙の上に一本の線を
引くのだって、心の穏やか
なときだと真っすぐに引け
ます。
ところが、なにか心に心配
や苦労があるときには、定規
を使って引いてもまっすぐ
引けない。
このきわめて単純な事柄だけ
を考えてみても、心の態度と
いうのが人生の全体に対して
重要関係を持っているという
ことにすぐ気がつくはずなん

 

恐ろしいと思っているのは、
自分の心なのだ

 

おっかないことに遭ったら、
おっかなくないほうに気を
向けりゃいい。目はそれを
見ててもいいから、心を
ほかに向けちまえばいい

 

有なりとすれば、質疑あり。
無なりとすれば、虚想を
起こす。
強いて名づけんか妙となす。
これは心のことを言ったん
だよ。
あると思えば疑いが出て
くるし、ないと思えば、
変な妄想みたいなのがでて
くるし、そらまあじつに
不思議なもんだ

 

いつも言うだろう、
「心こそ心迷わす心なれ、
心に心、心許すな」

 

おそらくはそれは何万年
たっても、心というものの
本当の正体はつかめない
だろうと私は思う。
実際、こういうことを
不思議だと思わないかい

 

人生は一切合財、人事と
いわず、世事といわず、
何もかも終始一貫、この
不可思議ななぞである。
心というものが働いた結果
として生じる現象なんだ

 

心の活動は思考によって
現実化するんだから。
心は思ったり、考えたりする
以外に働かないのよ。
心は駆け出さないのよ。
思ったり、考えたりするのが
心の役目なんだもの

 

やればできますよ、
あなたも。心持ちを、
ぱっと変えちゃえばいいだけ
なんだから。まことに人生は
心ひとつの置きどころなんで

 

自分の人生を極楽にする秘訣
はいたって簡単なんです。
いいですか、心の持ち方を
切り替えちゃいいんです

 

心が物にとらわれないで、
心の前に現れたものを、
みんな心のなかに受け入れ
る。これがコンセントレー
ション(集中)なんだ

 

 

初一念を貫徹する強い心が

成功させる

 


 

極悪非道の人間か鬼か、
わからないようなやつでも、
生まれたときのその心は、
尊く強く正しく清いんです。
ただいつの日か知らず知らず
に、ものごころがつきだすと
同時に、失われてしまったん
です

 

人間というものは、結局、
死ぬために生まれてきた
ような存在であるだけに、
それだけに、生きている間
は、真剣に自分の人生という
ものを、価値高く活かさな
きゃいけないんですよ

 

「俺なんかどうせ学問もなし、
知恵もなし、ろくな人間には
なれないんだから、どうにか
死ぬまで飢え死にしなければ
いいや」
なんて気持ちで生きてる人は
いないだろう?
もしこの中にそんな人がいた
ら、豆腐のかどに頭ぶつけて
死んじまえ

 

やれ運命がつまらないの、
人生がつまらないのって人は
その考え方がつまらないんで

 

土台を考えないでいて、
家の構造ばかり考えたって、
その家は住むに耐えられない
家になっちまうでしょう。
人生またしかり、であります

 

どんなに欲のない人間でも
理想的な、思いどおりの人生
に生きたいと思うでしょう。
思わないって人、この中に
もしそんな人がいたら、
手をあげてごらん。
やっぱりいやしないねぇ

スポンサードリンク

もっと言うとね、この世の中
の一切合財、天地自然のもの
以外はすべて、人間の思考に
よって生み出されたものなん
ですよ。
これ、ちょいと周りをみれば
すぐにわかるでしょう

 

「ああなったらいいな、
こうなったらいいな」という
ことがりそうかされて、
それがひとつひとつ実現化
されてきて、今のこの世の中
が創りだされてきたんだろう

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

    カテゴリー

  五十音別 ことわざ

ページ上部へ戻る
QLOOKアクセス解析