ミュッセの名言と感想

c0082_800x600

スポンサードリンク

 

ミュッセ  

男はみな嘘つきで、浮気で
鷹物で、おしゃべりで、
偽善者で、高慢かそれとも
卑怯で、見下げ果てたもので
あり情欲の奴隷だ。
女はすべて裏切り者で、
狡猾で、見え坊で、物見高く
て、性根が腐っている。

プロフィールを読む

【感想】

ここまでの極論だと大丈夫なんだ
ろうかと思ってしまう。

スポンサードリンク

個人的な恨みがあるのだろうという
ことは想像にたやすいけれども、
一体どういう人生を生きてきたのか
と好奇心をくすぐる。

男は嘘つきで女は裏切り者という
けれど、嘘つきは男性の専売特許
じゃないし、裏切りも女性のそれ
ではない。

あなたにとって、あなたに接触した
特定の誰かへの印象が全人類の男女
にまで被害が及んだということは、
やはりそこにミュッセという作家の
病巣を見るような想いさえする。

全否定する必要もないけれど、
笑い飛ばすことも気が引ける。

ただ思ったことは、人は被害者意識
が高まると極論に走るということ。

小さな自分の世界を地球、宇宙の
果てにまで広げて話をしてしまうこと
があるのは残念なことだ。

 

スポンサードリンク

どうか次に生まれ変わったときには
違う人生、人々と楽しく暮らして
欲しい。

by ザーゼン

Amazonで探す関連書籍

⇒偉人・賢人たちの名言集を読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

    カテゴリー

  五十音別 ことわざ

ページ上部へ戻る
QLOOKアクセス解析