武者小路実篤の名言(人間関係編)

2014-12-08_111911

スポンサードリンク

笑はれるのを恐れるよりは
心にないことを
云ふのを
おそれなければいけない。

武者小路実篤(むしゃのこうじさねあつ)
出典『幸福者』

Amazonで探す関連書籍

【意味】

人は見栄や外見を気にして心にも
ないことを言ってしまうが、気持ち
いいものではない。

スポンサードリンク

自分の心を偽ってしまうことを
恐れなくてはいけないのだ。

自分の心を素直に表現しよう。

【感想】

心にもないことを言わなければ
いけない場面というのは結構ある。

社交辞令とはっきりわかる場面は
もちろんのこと、だんだんそれが
日常化してきて、それほどでも
ないものから、まったくそうは
思えないものにまで我々は、

かわいい、素敵、という言葉を
言わされていることが多い。

しかし何もかにもそれは自分の
せいなのだ。

言いたくないのなら、黙るという
言葉もある。

嘘をいってその場をしのぐより、
黙して真実を伝えるということを
恐れない心を持ちたいものだ。

スポンサードリンク

誰のものでもない、自分の心の
ために。

⇒人間関係に役立つ名言集に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

    カテゴリー

  五十音別 ことわざ

ページ上部へ戻る
QLOOKアクセス解析