宮沢賢治の名言(元気が出る)

2014-12-14_150918

スポンサードリンク

雨ニモマケズ 風ニモマケズ
ホメラレモセズ
クニモサレズ

サウイフモノニ
ワタシハナリタイ

宮沢賢治(みやざわけんじ)

>>宮沢賢治の名言集を読む

Amazonで探す関連書籍

【意味】

元気で、
慎ましく生きていけたら幸せだ。

スポンサードリンク

【感想】

凡庸に生きることほど難しく
幸せなことはない。

有名人になろうとする人の
心境は理解しがたいものがある
けれども、趣味嗜好、価値観が
もともと違うのだと思って遠く
別世界の人と思って見ている。

けれども常に他者の視線あっての
商売をしている彼らを見ていると
いい勉強になるなと思うことも
しばしばだ。

人の視線を意識して生きるという
ことは、どれほど惨めなことかと
思う。

何万人も入る会場を埋め尽くし、
歩けばサインを求められ、それ
なくしては自分の存在意義さえ
疑ってしまう生活というのは、
どう考えても正常じゃない。

好感度、イメージ、そんなものが
自分の全人生の判断基準になって
好きな人に逢うこともできず、
食事をするだけでスキャンダルに
なり、貧乏をすれば笑われる。

スポンサードリンク

余計なお世話である。

その余計なお世話に口を挟ませる
ことを許すということが有名人に
なるということなら、無名である
ことの幸せをもっと噛み締めなく
てはバチが当たりそうだ。

⇒ 元気が出る名言集へ戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

    カテゴリー

  五十音別 ことわざ

ページ上部へ戻る
QLOOKアクセス解析