丸山健二の名言集

2014-12-28_133407

スポンサードリンク

卓越した筆力で読む者を魅了せずには
いられない作家、丸山健二さん。

尊敬する彼の言葉には、信じがたいほどの
人生への気づきとエールがあります。

時にその言葉を受け入れることは
厳しいかもしれません。

けれども、甘い言葉のなかに真実が
これまでどれだけあったでしょう。

心の中に落とし込みたい言葉が、
今、彼の言葉の中にあると信じ、
ご紹介します。

~ 作家 丸山健二の言葉 ~

 

生の奴隷となっても、
死の従者となるべきではない

 

人は考えるために生まれ、
考えることで命を燃焼させ、
考えるからこそ存在意義を
確保できる

恋愛ほど
現実的なものはない
スポンサードリンク

 

 

人は金と名誉に弱い。
弱すぎる、そして、
不安と恫喝に弱い。
弱すぎる

生ける屍を
めざしてどうする

 好き勝手に生きていい人生
だということを
本当に理解しているのか

 

賢愚の差を決定づけるのは、
脳みその量ではない

国家が国民のものであった
ためしなど古今東西ない

どんな仕事で食べてゆくか
によって、本当の自立になる
か、本物の人生になるかが
決まる

 

親が在っての自分という
発想は、猛毒だ

 

自分の人生を生きるのに
誰に遠慮がいるものか

出典「人生なんてくそくらえ」p201


 

親の愛に偽りなしと信じて
いるのは親自身のみである

出典「人生なんてくそくらえ」p18


 

 

親の犠牲になって人生を
台無しにしている子の
なんと多いことか。

あげくに、そんな親と
そっくりな親になってゆく
子のなんと多いことか。

出典「人生なんてくそくらえ」p19

 

スポンサードリンク

 

あくまで自分で決断し、
自分で道を決め、自分の意志
で家を出て行く。それこそが
子としての義務であり、
ほかには何も要らない。

出典「人生なんてくそくらえ」p21


家を出ることは、
第二の誕生を意味する。

出典「人生なんてくそくらえ」p22


 

「人生なんてくそくらえ!」
と怒鳴ることで不思議に
腹が決まるのだ。

出典「人生なんてくそくらえ」p25


 

家庭や家族とは、あくまで
束の間の形態にすぎず、
いずれ親は親の世界へ、
子は子の世界へと帰って
ゆかねばならない。
それこそが自然で健全な
形の宿命なのだ。

出典「人間なんてくそくらえ」p29


 

要するに、親から、
実家からいかに早く離れ
られるかどうかが、人間に
なれるかどうかのカギとなる

出典「人間なんてくそくらえ」p30


 

 

命の友はあくまで生そのもの
であって、断じて生に付随
する死ではない。

だから生を通して死を凝視
する分にはいっこうにかまわ
ないが、しかし、死を通して
生を見つめてはならない。

 

出典「人生なんてくそくらえ」p196


 

長期間に及ぶ生を蔑ろにして
一瞬に過ぎない死に囚われて
しまうのは、あまりにも馬鹿
げている

出典「人生なんてくそくらえ」p195

 太宰治の名言集を読む

⇒曽野綾子名言集を読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

    カテゴリー

  五十音別 ことわざ

ページ上部へ戻る
QLOOKアクセス解析