名言・格言・言葉の宝石箱

昨日を越え、明日を掴み、今日を生きるあなたへ

マルティン・ハイデッガーの名言集

マルティン・ハイデッガーの名言集

人間はこの地上に詩人として住んでいる。


人は、いつか必ず死ぬということを思い知らなければ、生きているということを実感することもできない。


単純なものこそ、変わらないもの、偉大なるものの謎を宿している。


偉大に思索する者は、偉大に迷うに違いない。


死とはたんにまだ実現していないあることではないし、極小にまで縮まった最後の間隙でもない。死は何よりも、そこまで来た差し迫りなのだ。


良心は、ただただつねに沈黙という形で語る。


経験を積んだ人は、物事がこうであるという事を知っているが、なぜそうであるかということを知らない。


人は死から目を背けているうちは、自己の存在に気を遣えない。死というものを自覚できるかどうかが、自分の可能性を見つめて生きる生き方につながる。


死とはたんにまだ実現していないあることではないし、極小にまで縮まった最後の間隙でもない。死は何よりも、そこまで来た差し迫りなのだ。


みずからの「世代」の中で、その「世代」とともに生きるという、現存在に避け難い運命が、その現存在に固有な全体の出来事を構成する。


人間は、時間的な存在である。

Return Top