マーク・トウェインの名言と感想

14374383362_cfec53f180_z

スポンサードリンク

 

マーク・トウェイン  

人間の一生には、投機に手を
出してはいけないときが二度
ある。

一度はそれができる余裕の
ないとき、もう一度はそれが
できる余裕のあるときだ。

 プロフィールを読む

【感想】

結局「やるな」ということか。

余裕がないときに手を出してはいけ
ない
のは当然のことだけれど、余裕
ができた
ときでさえ「手を出しては
いけない」と
いうのだからそういう
意味にしかとれ
ない。

スポンサードリンク

投機というのが何を具体的にさして
いる
のかはわからないけれど、どの
みち
「やるな、手を出すな」という
ことが
いいたかったということか。

棚からぼた餅や、一攫千金という
言葉
は世間からいい印象を受けな
い言葉だ
けれど、やはり世の中
そう美味しい話
など転がっていな
いのだから、上手い
話には気をつ
けろということなのかも

お金の価値というのは不思議な
もので
いくら入ったかということ
より、
どういう経路で手にした
お金なのかと
いうことが、貨幣
価値を決める
気がする。

 

スポンサードリンク

何回生き返っても使い切れない
ほどの
大金を掴んだとして庶民
からは見えない
人々が無一文に
なってこの世を去る姿
という
話も少なくない。

by ザーゼン

Amazonで探す関連著書

マークトウェインの他の名言を読む

⇒偉人・賢人たちの名言集を読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

    カテゴリー

  五十音別 ことわざ

ページ上部へ戻る
QLOOKアクセス解析