来るものに安らぎを、去りゆくものに幸せを

2014-12-17_010319

スポンサードリンク

来るものに安らぎを、
去りゆくものに幸せを

【意味】

これはどうやらドイツにある
ローテンブルクのシュピタール門に
ラテン語で書かれている銘文
とのこと。

スポンサードリンク

【感想】
旅行者に捧げた言葉かもしれない
が、人の世に共通して響く言葉。

旅の疲れ、そしてこれからの
旅の行程を思いやる言葉で
人の気持ちにすっと入り込み
忘れられなくなる素敵な一節
ではないか。

⇒人を支える名言・格言・ことわざをさらに読む

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

    カテゴリー

  五十音別 ことわざ

ページ上部へ戻る
QLOOKアクセス解析