倉田百三の名言(元気が出る)

2014-12-15_134359

スポンサードリンク

誰も一生に一度は恋をする
ものだ。人間の一生の旅の
途中にある関所のやうな
ものだよ

倉田百三(くらたひゃくぞう)
出典『出家とその弟子』

Amazonで探す関連書籍

>>倉田百三の名言集を読む

【意味】

恋に罪悪感を抱いている
弟子への親鸞の言葉。

生身の人間の人生を肯定的に
捉えたもの。

誰もが経験するものだから、
想い悩むことはない。

スポンサードリンク

【感想】

猿や犬が人間に恋をすること
だってもちろんある。

恋とはするものじゃなく、
おちるものだから仕方ない。

あの人のことが気になって
仕方ない。

あの人の歩いた道はそれだけで
違う空気が漂っているように
思える。

人生に何が必要かは人それぞれ
だけれども、愛する人ができる
ということ以上に素晴らしい
人生の贈り物、サプライズは
ほかにあるだろうか。

 

スポンサードリンク

それほどに人は恋に焦がれ、
そこに命を燃やしたいものだと
どこかで切望している。

遠慮することはない。
人生は一度きりなのだから。

⇒ 元気が出る名言集へ戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

    カテゴリー

  五十音別 ことわざ

ページ上部へ戻る
QLOOKアクセス解析