名言・格言・言葉の宝石箱

昨日を越え、明日を掴み、今日を生きるあなたへ

北杜夫の名言

北杜夫の名言

いま、この齢となって私が若い人に言えることは、自殺するならとにかく三十歳まで生きてみる、ということだ。そこまで生きてからの思想上の死ならまだしも許せる。青年の観念的な死への傾斜は人生の始まりであるが、一面から見ればその大部分がマヤカシであり、さもなければ病気である。病気は治さねばならない。死というものを常々考えもしない人はまずヌキにして、「死への親近感」から始まった人々が、ついに「生への意志」に到達するのがあくまでも人間的な生き方というものである。


一日のためなら、一生など棒に振ってもいい。

Return Top