菊池寛の名言(苦難を乗り越える)

2014-12-11_153337

スポンサードリンク

人生のどんな隅にも、どんな
つまらなそうな境遇にも、
やっぱり望みはあるのだ

菊池寛(きくちかん)
出典『出世』

Amazonで探す関連書籍

【意味】

恵まれない境遇にいても、全くの
絶望ということはない。

人間けっこう強いもので苦しい
ながらも一縷(いちる)の望みを
抱いていれば、そこから未来へ道が
開けるもの。

スポンサードリンク

【感想】

住めば都という言葉がある。

人間というのは環境に順応する
生き物だから、自分の居場所を
都にまで高める知恵と力があるのだ
ろうと勝手に思い込んでいる。

事実、刑務所にだって楽しみは
存在するはずである。

変な話、なかなか逢えない任侠
映画に出演する大スターの訪問
などがあれば、虚無と悔恨の日々で
あってもその日を心待ちにすると
いう希望、楽しみを持てる。

スポンサードリンク

極寒の地でなんの楽しみもない
だろうと世の中は思っていても、
現地の人は空に舞うオーロラを
見ながらスコッチを飲んで笑顔
でいるかもしれない。

何もないと嘆く前に、楽しむ心
を育てよう。

←苦難を乗り越える名言集へ戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

    カテゴリー

  五十音別 ことわざ

ページ上部へ戻る
QLOOKアクセス解析