菊池寛の名言

2014-12-08_121038

スポンサードリンク

約束は必ず守りたい。人間が
約束を守らなくなると
社会
生活は出来なくなるからだ。

菊池寛(きくちかん)
出典『私の日常道徳』

Amazonで探す関連書籍

【意味】

結局私たちの社会は約束ごとで
成り立っているのだから、約束を
守らなくなったら信用を失って、
孤立しかねない。

社会人の義務として約束は守ろう。

スポンサードリンク

【感想】

お寿司ひとつ食べるにしても
どれだけの約束事がそこにある
だろうかと想いをめぐらす。

寿司のネタは本物である。
寿司は機械ではなく手で握って
いる。賞味期限も嘘偽りなく
新鮮そのものである。

なにもかもが暗黙の了解という
のか、約束事で満ち満ちている
ことを改めて感慨深く思う。

タクシーに乗車して行き先を
告げれば目的地へ連れて行って
くれる。

これは凄い約束事だと思う。

相手が善良で人を騙さない運転手
だという大前提がなければ、見ず
知らずの人間の運転する密室の箱
にどうして乗ることができるか。

できやしない。すべては、

あなたを信じていいのですよね?
もちろん、いいのですよ。

という約束事でこの世は成り立って
いる。

スポンサードリンク

これほど当たり前で、これほど
有難いことはない。

心して約束をしよう。

⇒人間関係に役立つ名言集に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

    カテゴリー

  五十音別 ことわざ

ページ上部へ戻る
QLOOKアクセス解析