名言・格言・言葉の宝石箱

昨日を越え、明日を掴み、今日を生きるあなたへ

香山リカの名言・格言集

香山リカの名言・格言集

 


自分の立てた目標にがんじがらめになり、いつも「達成できなかったらどうしよう」と戦々恐々として生きる、というのは明らかに行き過ぎです。それがさらに進むと、「生きているだけで奇跡」どころか、1ミリの喜びも感じることができなくなります。自分が色あせた人間としか思えなくなってしまいます。だから、目標は「立てるべきもの」ではなく、「立ててもいいもの」くらいに考える。まずはこれが原則だと思います。


人間は、自分が信じたいものしか、信じようとしない。そして、一度信じてしまったものは、たとえそれが過ちで 間違いであったとしてもなかなか訂正しようとしない。


チャリティは成功者の義務であり美徳である。


もともと医者になるつもりはなかったんです。ところが行こうと思っていた学部に落ちてしまって、結果的に医学部に行くことになった。


どんなときでも100パーセント、正しい適切な判断ができる人はいない。「まあ、いまのところはそう思っているのだけれど、もうちょっと様子を見てみないと何とも言えないね」といったあいまいさを認めるゆとりが、社会にも人々にも必要なのではないだろうか。


自分に自信を持たせ、言うべきことは言い、耐えるべきことには耐えられる強さを与えてくれるものの中で、もっともわかりやすくて確実な力を発揮できるのは、経済力とひとりでいられる孤独力である。


辛いと感じたら、極端な逃げ方をする前に、しばらく休んでみることが大切です。


努力すれば確実に報われるわけではないし、大した努力もしていない人が成功したりする。世の中には理不尽なこともたくさんあります。


オリジナリティにこだわりすぎないということが大切です。むしろオリジナリティはなくてもいいのではないでしょうか。あるにこしたことはありませんが、大事なのは、すべてをゼロから考えだそうとせずに、すでにあるフォーマットを上手く利用すればいいということです。


どんな法律が自分たちを守ってくれているのか、あるいは逆に、追い込んでいるのか、といったことも知った方がいいでしょう。


私は基本的にその日のことしか考えないようにしているのです。『今日は、これとこれをやったら終わり!』と思えば、どんなに忙しい日でも、なんとか乗り切れるじゃないですか。


手を無心に動かしていると、心に元気が戻ってくる。


「違いが小さいほど、攻撃の標的になりやすい」というのも、また女性どうしの人間関係の特徴である。


心が疲れているときは、いきなり大きく環境を変えようとはせずに、まずは小さなことから変えてみるのがいいと思います。


私は基本的にその日のことしか考えないようにしているのです。『今日は、これとこれをやったら終わり!』と思えば、どんなに忙しい日でも、なんとか乗り切れるじゃないですか。


憧れの存在や理想とするイメージが、自分に合うとは限りません。反対に、自分とは合っていない、似合わないと思っていたことが、実はしっくりくることもあります。


本当に大切なのは、「身体に良いこと」と「心のストレス」とのバランスをとることです。「いくら身体に良くても、これ以上はストレスになるな」とおもったら、ほどほどにしておくというのが一番いいのです。


諦めないことはもちろん大切なんだけど、それを持ちすぎると、夢や希望もいつしか幻想になってしまう。それに、諦めることは必ずしも悪いことばかりではなく、裏返すと、感謝の気持ちにもなる。小さな家しか建てられなくても、「雨露をしのげるだけでもありがたい」と思ったり。


『いつも前向きでプラス思考』『あふれるほどのやりがいを感じながら働く』というほうが、人間にとっては不自然なのではないだろうか。

Return Top