勝田祐義の名言(人生や仕事に迷いが生じたら)

2014-12-08_142646

スポンサードリンク

身を修るときは道立つ、
賢を尊ぶときは惑わず。

勝田祐義(かつたすけよし)
出典『金言童子教』

【意味】

人は努力を積めば、人間としての
道を歩むことができ、優れた人を
尊ぶことで正しい道理を知ること
ができるので道に迷うこともない。

自己啓発を心がけよう。

スポンサードリンク

【感想】

人間としての道がこの世に
あるわけではない。

人間として右へ曲がり左へ
曲がり、ほとんどまっすぐな道を
歩めていないなと想いながらも、
どうにか歩いているその道こそ
正しく人間の道と呼べる道なの
だと思う。

正しい道を歩もうとするから
人は道に迷うのである。

迷いながら辿るからこそ、
そこに人は続くのであり、道と
なってわだちができるのだ。

スポンサードリンク

迷い、立ち止まり、つまづく道
こそ人の道。

そう思えば失敗さえ楽しくなる。

⇒人間関係に役立つ名言集に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

    カテゴリー

  五十音別 ことわざ

ページ上部へ戻る
QLOOKアクセス解析