仮名草子の名言(人間関係編)

2014-12-08_155109

スポンサードリンク

人の心は花に似て、移ろい
易く浅ましく、しどけなき
こそたのみなれ。

仮名草子(かなぞうし)
出典『ぬれぼとけ』

Amazonで探す関連書籍

【意味】

花の色が変わりやすいように人の心
も変わりやすくて当てにならない。

でもそれだからこそまた、その先
頼りにすることもできるもの。

スポンサードリンク

【感想】

仲が良かったのに喧嘩をして
まったく口をきかない関係に
なることがある。

その一方で、ずっと口をきか
なかった二人がふとしたきっかけ
で急に仲良くなることもある。

喧嘩しっぱなしはないし、
仲が良いのが永遠に続くもの
でもないということは、儚い
反面、強みでもある。

どんな人でも人生のすべてを
記憶することができないよう
に、忘れるという恩恵を授か
っているもの。

スポンサードリンク

頼りにならなかった人間が
いたなら失望するだけじゃなく、
頼りになるように変化する過程
を楽しむのもまた醍醐味だ。

⇒人間関係に役立つ名言集に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

    カテゴリー

  五十音別 ことわざ

ページ上部へ戻る
QLOOKアクセス解析