ペール・G・ジレンハマーの名言

2014-12-28_234458

スポンサードリンク

有意義な仕事をしている
という自覚のある労働者が
作った製品は、必然的に
高品質となる。

ペール・G・ジレンハマー
(ボルボ元会長 兼 CEO)

スポンサードリンク

【意味】
「良くないものを作っている」
という思いがあると、当然商品も
質の高いものにはならない。
皆のためになる製品を作っている
んだという自信が、高品質の製品
を生み出す。

【感想】
たとえばそれがどんなに
単調で退屈な仕事であったにせよ、
それを待ち望んでいる人がいると
信じることができるなら、人は
成し遂げることができると思う。

スポンサードリンク

逆に、どれほど価値があるものだ
と言われようと、それを心から
信じきることができなかったら、
とてもではないが虚しさだけが
つのる。

信じる力というのは、偉大だな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

    カテゴリー

  五十音別 ことわざ

ページ上部へ戻る
QLOOKアクセス解析