ジャン・ジャック・ルソー名言集

2014-12-25_003716

スポンサードリンク

男は知っていることを
しゃべり、
女は人に悦ばれることを
しゃべる。

 

人民の自由は、
国家の強さに比例する。

 

死に対する用心さが
死を恐ろしいものにし、
死の接近を促進する。

 

名声は人々のささやきに
他ならないが、それは
しばしば腐敗しきった息で
ある。

 

自然は決して我々を欺か
ない。我々自身を欺くのは
常に我々である。

 

スポンサードリンク

 

 

感謝は支払われるべき義務
であるが、誰であろうと
それを期待する権利はない。

 

私たちはいわば二回この世に
生まれる。
一回目は存在するために、
二回目は生きるために。

 

気を落とさないようにしな
さい。見てごらん、
空はなんときれいに澄んで
いるのだろう。
私はあそこへいくんだよ。

 

人間は自由なものとして
生まれたが、いたるところで
鎖につながれている。
自分が他人の主人であると
思っているような人間も、
実はそれ以上の奴隷である。

 

用心というやつは絶えず我々
を先へ先へと連れて行き、
しばしば我々が到達する
見込みのないところまで我々
を連れて行く。
我々の不幸はここにある。

 

あらゆる人間の知識のうちで
最も有用でありながら、最も
進んでいないものは、人間に
関する知識であるように思わ
れる。
  
スポンサードリンク
どんなものでも、自然という
造物主の手から出るときは
善であり、人間の手に渡って
からは悪となる。

 

科学や芸術は一種の贅沢に
すぎない。
虚偽の装飾にすぎない。

 

悔恨の情は、得意の折には
熟睡し、失意のときには苦味
を増すものである。

 

女にとって束縛は逃れられな
い運命で、女がこの束縛から
離れようとすれば、いっそう
激しい苦しみに出会う。

 

都市は
人類の掃き溜めである。

 

子供が父親に結びつけられて
いるのは、自分たちを保存
するのに父親を必要とする
期間だけである。

⇒ジャンジャック・ルソーをもっと読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

    カテゴリー

  五十音別 ことわざ

ページ上部へ戻る
QLOOKアクセス解析