泉鏡花の名言(苦難を乗り越える)

2014-12-12_000158

スポンサードリンク

人間よくなるも悪くなるも
一寸の間だ

泉鏡花(いずみきょうか)
出典『通夜物語』

Amazonで探す関連書籍

【意味】

人生は良い事も悪いことも
繰り返すもの。

今が良い状態でも油断はして
いられない。

また辛い境遇にいても、
すぐ好転するだろうから
諦めずに頑張ろう。

スポンサードリンク

【感想】

人生はあざなえる縄なのである。

いいことも悪いことも交互に
やってくる。

だから今陽が当たらないからと
いって腐ってはいけない。

必ず陽のさすときはくる。

もし人の人生が幸福だけ、成功
したらそれが生涯続くものだと
したら、あのときのスターは
今どこへ行ったのだろう。

スポンサードリンク

どんな栄華もいずれは衰退する
ものだし、衰退するものだから
こそ、栄華はここぞと輝く。

時を待つ。

それこそが重要なときもある。

←苦難を乗り越える名言集へ戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

    カテゴリー

  五十音別 ことわざ

ページ上部へ戻る
QLOOKアクセス解析