一隅を照らす

2014-12-17_003932

スポンサードリンク

一隅を
照らす

【意味】
人間に生まれたことを喜び、
受け継がれてきた生命を体して
ご先祖様や子孫を大切にし、自らも
尊い人生を大切に活かそうと精進する
人になりましょう。
慈・悲・喜・捨の心で周囲に接する
ことができる人になりましょう。
自分の持てる能力を発揮して
一隅を照らす人になりましょう。

 

スポンサードリンク

 

【感想】
私たちはともすると自分の人生や
使命について過大に考えすぎ、
結局たじろいで何もせずに人生を
終わらせてしまうことがある。

道端の花を踏みつけないように
歩き、倒れている草木に水をやり、
悲しみに暮れている人のそばに
そっと寄り添う。

何も大きなことだけが人を助け
るわけじゃない。

慈悲の心で物事を暖かく見守り
今日、今このときにも自分に
できることに一所懸命になること
が大事なのだと気付かされる。

まずは近しい人に気持ち良い
挨拶をしよう。

スポンサードリンク

そんなこともできずに世界を
変えて見せるといっても寒々しい
だけである。

⇒人を支える名言・格言・ことわざをさらに読む

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

    カテゴリー

  五十音別 ことわざ

ページ上部へ戻る
QLOOKアクセス解析