樋口一葉の名言(苦難を乗り越える)

2014-12-13_000444

スポンサードリンク

行水にも淵瀬あり、人の世に
窮達なからめやは

樋口一葉(ひぐちいちよう)
出典『さをのしづく』

Amazonで探す関連書籍

【意味】

水の流れる川にも淵があり、
瀬がある。

人生にも苦しいときと良いとき
があるだろう。

悪いことばかりではないはず。

元気を出して頑張ろう。

スポンサードリンク

【感想】

道で転んで痛い思いをしたとき、
通りすがりの人が「大丈夫ですか」
と言ってくれることがある。

そんな些細なことだけれど、
転ばなければ人の優しさに触れる
ことができなかったことを思うと
まんざらではない気持ちになって
痛みはどこかへ吹き飛んでしまう。

ブラックな職場に愛想が尽きて
退職し、人生最悪だなと嘆いて
いても、転職先で運命の相手に
巡り合い幸せになることもある。

何が良くて何が悪いのかは、
物事の直後に考えても本当の姿は
なかなか見えてこない。

スポンサードリンク

人生はどこかで帳尻が合うところ
があって、苦労したぶん幸せを
感じやすくしてくれるのかもしれ
ない。

止まない雨はないように、
幸福も不幸もエンドレスじゃない。
幸も不幸も行き過ぎる。

←苦難を乗り越える名言集へ戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

    カテゴリー

  五十音別 ことわざ

ページ上部へ戻る
QLOOKアクセス解析