羽生結弦の言葉・名言(強く美しい生き方)

3224382436_05f5d17ab5_z

Photo: undefined by ume-y

スポンサードリンク

闘争的で明るい、
そしてポジティブ。
何に対しても恐怖はあまり
感じないんです。これは
僕の強みだと思います

自らの性格について


スケーターって
「アーテイスト」であり
「アスリート」でもある。
どっちの魂も捨てちゃダメ
なんだと思っています

フィギュアスケートの競技性
と芸術性について


最後のポーズで「ダン!」と
手をついた瞬間に
「あ、俺のオリンピックは
これで終わった」と思いまし
た。誰しもがそう思いました
よね(笑)

ソチオリンピックkでの
フリーの演技後の心境


いつも心を開いているん
です。見たもの感じたもの、
すべてを吸収する。だから
逆に自分の心も正直に出す。
心を開いていなきゃ、何も
吸収できないし、面白く
ないでしょ

羽生選手が18歳のときに語った言葉


自分の演技が始まる前の
1分間でも「絶対に俺の
コールだろ」と思って、
すごくうれしくて。
それでいい演技ができて、
帰って(映像を)見直したら
どうしても「ロシア」にしか
聞こえないから、あれ、
おかしいなと

ソチオリンピック団体戦での
観客からの「ロシア」コールを勘違いして

スポンサードリンク

 

 

 プルシェンコになりたいわけ
じゃない。僕は自分のスケート
を確立したいんだ

フィギュアスケートへの志を語った言葉


 

最初は文化の違いもあって、
戸惑いばかり。練習中も
言われたことの意図が
わからず、言葉も通用しない
ので意見をぶつけることすら
できなかった。何度も日本に
帰ろうと思った。
独学で英会話を習得し、
何とかコミュニケーションを
とれるようになって、
ようやく信頼関係が築けて
きた

海外での言葉の壁に
苦労したことについて


 

苦しい思いもありましたし、
その中で楽しい、幸せな
こともありました。
さまざまな感情を味わうこと
で、感性の上限が上がった、
あるいは深くなりました

自分の経験がスケートに
どのように影響しているかについて


 

日本国民として恥じない、
オリンピック金メダリスト
らしい人間になれるよう
日々努力していきたいです

ソチオリンピック後の会見で


 

 

4回転にはすごい魅力がある
と思うんですよ。
ダイナミックさ、回転の速さ
に引き込まれるものがある。
自分たち若い世代はどんどん
跳ばないと。キャリアや表現
面ではベテラン選手に勝てな
いので

初めてシニア大会にデビュー
した当時の言葉


スケート自体が好きなので、
それを一生懸命できること
が幸せ

ソチオリンピックのショート
プログラムを終えた時点でのコメント


 

広いリンクで一人で滑って、
一人のためだけに歓声が
起こる。その瞬間が魅力の
一つ

スケートショーを積極的に
行っていることについて

 

スポンサードリンク

僕はレジェンドになりたい。
羽生結弦の名を歴史に
刻みたい

15歳のときに語った決意

>>羽生結弦の言葉・名言(勇気と希望)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

    カテゴリー

  五十音別 ことわざ

ページ上部へ戻る
QLOOKアクセス解析