名言・格言・言葉の宝石箱

昨日を越え、明日を掴み、今日を生きるあなたへ

フィンセント・ファン・ゴッホの名言集

フィンセント・ファン・ゴッホの名言集

人間は毅然として、現実の運命に耐えていくべきだ。そこに一切の真理がひそんでいる。


自然が本当に好きなら、あらゆるところで美を見いだせるだろう。


もし、黄色と橙色がなければ、青色もない。


僕たちの小さな情動が僕たちの人生の偉大な船長であることを、また僕たちは意識することなくこの小さな情動にしたがっていることを忘れないようにしよう。


何も後悔することがない。そんな人生は空虚でしかない。


私はいつも、まだ自分ができないことをする。そのやり方を学ぶために。


考えれば考えるほど、人を愛すること以上に芸術的なものはないということに気づく。


与えようとばかりして、もらおうとしなかった。なんと愚かな、間違った、誇張された、高慢な、短気な恋愛ではなかったか。ただ相手に与えるだけではいけない。相手からも貰わなくては。


夫婦とは二つの半分になるのではなく、一つの全体になることだ。


愛し合う前と後では、火の消えたランプと火のともったランプほどの違いがある。


私は、自分の作品に心と魂を込める。そして制作過程では我を失う。


確信を持つこと、いや確信を持っているかのように行動しなさい。そうすれば次第に本物の確信が生まれてくる。


女が愛し、愛されると彼女は変わる。誰も彼女にかまわなくなると、精神が乱れてその魅力が失われる。


愛は永久不滅なもの。姿かたちを変えることはあるが、本質は決して変わらない。


僕の人生はそれほど長くないだろう。だから僕は一つのことしか目に入らない無知な人となって仕事をするつもりだ。


神を知る最善の方法は、多くの物を愛することだ。


人間の本当の仕事というものは30歳になってから始まる。


インスピレーションやイマジネーションを抑えてはならない。模範の奴隷になるな。


偉業は一時的な衝動でなされるものではなく、小さなことの積み重ねによって成し遂げられるのだ。


私はあるがままの自分を受け入れてくれることだけを望む。

Return Top