遠藤周作の言葉・名言集(人生について)

14936288436_308ac7048a_z

Photo: undefined by 白士 李

スポンサードリンク

遠藤周作

1923〜1996 享年73歳
代表作「海と毒薬」「白い人」
「沈黙」「深い河」

  

人は二回、
人生をやれない

生きることは
時には破滅を伴う

生きることには考えこんで
いいことと考えこまぬ方が
いいこととがあるぜ。
見つめていいことと、
見つめてはいけぬこととが
あるぜ。考えこまぬ方がいい
ことや見つめても何にもなら
ぬことは‥‥
捨てた方がいい。
それが生きる知恵だ

純粋に生きるためには、
よほど強くなくちゃ駄目だと
思うの。時には周りの人を
傷つけても、それに耐えられ
神経の持ち主でなくては
駄目
だと思うの

人の邪魔にならぬように
生きるなんて、とっても
むつかしいぜ

家の灯の一つ一つに
それぞれ違った人生がある

 

人生とは小石を投げた
池の波紋に似ている。
一つの波紋はそのまわりに
次の波紋をうみ、第二の波紋
は第三へと拡がっていく

 

あたしたちもこの人生では、
人生の意味という犯人を
見つける探偵みたいなもん
じゃないかしら。最後の章
をめくるまでわかりっこ
ないんだわ

 

人生の意味が初めから
わかっていては我々は
生きがいもない。
人生の意味がなかなか
わからぬから、我々は
生きる甲斐もあるのだ

スポンサードリンク
 

私は時々、人生を女房と
くらべて考える。
同じように顧みもせぬのに
舞い込んできて、年とともに
醜く、薄汚くなってゆく点
まったく同じである。だが、
醜くなり、薄汚くなったから
といって古女房を捨てるので
はなく、醜くなり薄汚くなっ
た女だからこそ、なお捨てて
はならぬという考えも成り立
つわけだ

 

人間には生涯に一度は
戦いに加わらねばならぬ
時がある

人間の一生には一度は
またとない好機が来る

一人の人間にはその運命と
人生とを決するような時が
生涯、一度は必ずあるもの
であり、それを乗り切った
瞬間、彼の未来は全面的に
変わるものだ

火山というものは人間の
人生と同じだよ。若い頃は
情熱にまかせて火を吹く。
溶岩を吐き出す。だが年が
老いると昔の暗い罪を
背負いながらこんなに
静まり返るんだからな

黄昏の砂浜は歩きづらいが
振り返ると波打ち際に
自分の足跡が‥‥‥
自分だけの足跡が‥‥
一つ一つ残っている。
アスファルトの道は
歩きやすいが、そこに足跡
など残りはしない

人生には損をすることも
必要だよ

スポンサードリンク

人生にはその昔、何気なく
耳にしたり本で読んだ話が、
突然、切実に蘇ってくる
ことがあるものだ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

    カテゴリー

  五十音別 ことわざ

ページ上部へ戻る
QLOOKアクセス解析