チェーホフの名言と感想

d0011_800x600

スポンサードリンク

 

チェーホフ 

すでに生きてしまった人生は
いわゆる下書きで、もう一つ
のほうが清書だったら!

プロフィールを読む

>>チェーホフ名言集(人間や結婚に迷いが生じたら)を読む

>>チェーホフ名言集(人生とは孤独とは)を読む

【感想】

傍から見たらどんなに完璧に見える
人生であったとしても、もう一つの
人生を生きることが許されるのだと
したら、興奮するのじゃないか。

スポンサードリンク

もし自分の人生にはなんの後悔も
ほころびも過ちもないと言える人が
いるとするなら、それはおめでとう
だけれど、そんな人、果たしてこの
世の中にいるのだろうか。

誰かを傷つけずに生きることは無理
なのだから、その傷つけたことにも
気づかずに生きてきた人ということ
になってしまう。

それは決して憧れる人生でもないし
褒められる人生でもなさそうだ。

いちばん大事でいちばん大事にした
いこの人生が、たった一度きり、
予行練習も許されないというところ
に人間の悲劇と幸運が同時に含まれ
ているのかもしれない。

 

スポンサードリンク

どんな人生ももう一度あればと思う
と同時に、もう懲り懲りかもという
言葉がつきまとう。

by ザーゼン

Amazonで探す関連著書

⇒チェーホフの他の名言も読む

⇒偉人・賢人たちの名言集を読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

    カテゴリー

  五十音別 ことわざ

ページ上部へ戻る
QLOOKアクセス解析