バートランド・ラッセルの名言集

15717065411_64ab7071e5_z

Photo: undefined by Schub@

スポンサードリンク

バートランド・ラッセル

1872年~1970年、享年97歳。
イギリスの哲学者、論議学者
数学者であり貴族。
生涯に4度結婚、最後の結婚は
80歳のときであった。
さらなる人物紹介を読む。

~バートランド・ラッセル~

不幸な人とは、
客観的な生き方をし、自由な
愛情と広い興味を持っている
人である

 

あきらめには、二つの種類が
ある。一つは絶望に根ざし、
もう一つは不屈の希望に根ざ
すものである

 

道徳は、
つねに変化している

 

一貫して変わらぬ目的を持つ
ことは、必ずしも人生を幸福
にするとはいえないが、この
ような目的を持つことは、
幸福な人生のためには不可欠
な条件のひとつであることは
間違いない

 

浪費するのを楽しんだ時間は
浪費された時間ではない

 

私は両親の愛にまさる
偉大な愛を知らない

 

何事も絶対確実だと
思い込んではいけない

 

私は、どんなに前途が多難
であろうとも、人類史の
もっともよき部分が未来に
あって、過去にないことを
確信している
スポンサードリンク

最も強い希望は、
絶望から生まれる

 

愛情を受け取る人間は、
一般的にいえば、
愛情を与える人である

 

幸福な生活とは、
その大部分が静かな生活
であることにかかっている。

なぜならその静かな雰囲気の
なかでだけ、真の喜びは
生き続けられるのだから

 


 

愛を恐れることは、
人生を恐れることだ。
人生を恐れるものは、すでに
ほとんど死んだも同じだ

 

次に起こる戦争は勝利に
終わるのではなく、
相互の全滅に終わる

 

それがなんであれ、あなたの
得意なことが幸福に導いて
くれる

 

 

幸福の秘訣は、
こういうことだ。

あなたの興味をできるかぎり
幅広くせよ。

そしてあなたの興味を惹く人
や物に対する反応を敵意ある
ものではなく、できるかぎり
友好的なものにせよ

 


 

過度にならない程度に自己の
能力を高く評価することが
幸福の一つの源である

 

あなたが何を信じようと、
慎みを忘れてはいけない

 

科学は既に知っていること。
哲学は未知のこと

 

 

最も満足すべき目的とは
一つの成功から次の成功へと
無限に続いて決して行き詰る
ことのない目的である。

そして、この点で建設は破壊
よりも一段と大きな幸福の源
であることがわかるだろう

 


 

因襲にぜんぜん屈服しない
男女
から成り立つ社会のほう
が、
みんなが画一的になる
ような
社会よりも面白い社会
であろう

 

実際、人類の大半が愚かで
ある
ということを考えれば、
広く受け入れられている
意見は
馬鹿げている可能性
のほうが
高い

 

理性的な人間なら、
自分が絶対に正しいなどと
むやみに信じたりはしない
だろう。
私たちは常に、自分の意見に
ある程度の疑いをまじえな
ければいけない

 

金銭を崇拝する人間は自分
自身の努力を通し、あるいは
自分自身の活動の中に幸福を
得ようとする望みを、捨てた
人間である

スポンサードリンク

他人と比較してものを考える
習慣は、致命的な習慣である

 

幸福になる一番簡単な方法は
他人の幸せを願うことです

 

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

    カテゴリー

  五十音別 ことわざ

ページ上部へ戻る
QLOOKアクセス解析