アウグスティヌス の名言と感想

14374764772_208fbe5743_z

スポンサードリンク

 

アウグスティヌス  

神は人間を、その本質が
天使と野獣の中間に存する
者として作りたもうた。

プロフィールを読む

【感想】

 集団に向けて銃弾を向け、
その引き金を引くのも人間。

火災現場に取り残され、
九死に一生を得た瀕死の子猫に
人工呼吸をほどこし助けるのも
また同じ人間。

スポンサードリンク

人間とは一体なんぞやと思う。

大津波で生き残った一本の松ノ木を 
守る心も人間ならば、罪のない赤子
を床に叩きつけ息を止めようとする
人間もいる。

この現実をどう受け止めれば
いいのだろう。

矛盾だらけ、わからないことだらけ
信じがたいことだらけ。

戦争は二度と起きて欲しくないと
叫びながら、世界のそこかしこで
人が憎しみ、いがみあい、正義と
いう
大義名分のもとで傷つけ合っ
ている。

なぜに正義はひとつじゃなければ
いけないのだろう。

スポンサードリンク

なぜに自分の正義がこの世で唯一の
統一する価値のある正義だと思うに
至ったのだろう。

愚かなるもの、その名は人間。

by ザーゼン

Amazonで探す関連著書

⇒偉人・賢人たちの名言集を読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

    カテゴリー

  五十音別 ことわざ

ページ上部へ戻る
QLOOKアクセス解析