有島武郎の名言(苦難を乗り越える)

2014-12-13_004729

スポンサードリンク

容易な道を選んではならぬ。
近道を抜けてはならぬ

有島武郎(ありしまたけお)
出典『大なる健全性へ』

Amazonで探す関連書籍

【意味】

人は誰でも選べるなら楽な道を
選んでしまうものだ。

しかし報いは必ずやってくる。

後で苦労することになっても
もう取り返しがつかない。

スポンサードリンク

【感想】

急がば回れということか。

待ち合わせに遅れそうになって
いつもは通らない道を選んだがため
に遅れてしまうというわかりやすい
出来事などしょっちゅうある。

見た目は変わらないからと
強度は弱いが安いグラスを買い、
洗う場面で割れてしまい大怪我を
負い、高い病院代を支払うという
笑えない話も。

良くも悪くも世の中は帳尻が合う
ようにできている。

タクシー代を浮かそうと大雨の中を
使い物にならない傘をさして帰り、
風邪をこじらせて会社を休み給与
に響くことも現実には起こる。

スポンサードリンク

カンニングをして医学部に入学
したところで、現実の手術では
誰も助けてはくれない。

楽をした、得をしたと思っている
のは束の間で、やがてそのツケを
支払うときがくる。

人生とはそういうものだ。

←苦難を乗り越える名言集へ戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

    カテゴリー

  五十音別 ことわざ

ページ上部へ戻る
QLOOKアクセス解析