荒木田守武の名言

2014-12-08_170250

スポンサードリンク

花の色もとうかんなきも世の
中にこく見えぬればうつろい
にけり。

荒木田守武(あらきだもりたけ)
出典『世中百首』

Amazonで探す関連書籍

【意味】

花の色も人と人との仲の良い
つきあいも、濃くなってくると
次には色あせて変わってしまう
もの。

仲が良いからと気安くしていると、
気まずくなったりするもの。

お互いの距離を考えながら
付き合おう。

スポンサードリンク

【感想】

ストーブだって近づきすぎれば
やけどをする。

人間関係も同じこと。

適度な距離があってこそ互いの
欠点も見えすぎず、尊敬し合い
謙遜し合うことができる。

近づきすぎるということは、
踏み込んで欲しくない領域に
足を踏み入れてしまうということ
になる。

親しくなることと馴れ馴れしく
なることをはき違える人は実に
多い。

スポンサードリンク

よく買い物をしてくれるお客様だと
丁寧に接するあまり、毎日毎日
買い物をするでもないのに店に
来られ、雑談をされたら、次第に
疎ましくなる。

なんでもほどほどが大事である。

⇒人間関係に役立つ名言集に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

    カテゴリー

  五十音別 ことわざ

ページ上部へ戻る
QLOOKアクセス解析