相田みつをの名言(苦難を乗り越える)

2014-12-11_221648

スポンサードリンク

つまずいたって
いいじゃない

人間だもの

相田みつを(あいだみつお)
出典『THE21』

⇒相田みつを名言集を読む

Amazonで探す関連書籍

【意味】

そうそう順調にばかり事は
進まない。

小さな石、大きな石につまずく
こともあるだろう。

つまづくことを恐れていては
何もできない。

つまずいたら石を蹴って
どんどん進もう。

スポンサードリンク

【感想】

つまずいてもいいから起伏の
ある道がいいのか、全く起伏の
ない道を歩いて決してつまずかない
のがいいのかはわからない。

だけども、全く起伏のない道は
単純につまらなそうだ。

見知らぬ動物が横断したり、
制限速度があったり、大きな
木の枝があったり、水たまりが
あったりしたほうが、歩きにくく
ても歩き甲斐がある。

人生もきっとそうなんだと思う。

スポンサードリンク

歩いていればそれだけ多くの
障害物に出逢う。遠くへ行こうと
すればするほど、見知らぬ出来事
に出逢う可能性も増える。

そんな出来事が人生を作っていく
のだろうし、それが人生の正体
なんだと、そう思う。

←苦難を乗り越える名言集へ戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

    カテゴリー

  五十音別 ことわざ

ページ上部へ戻る
QLOOKアクセス解析